INFORMATION DETAIL配信情報 詳細

ビニールハウス型太陽光発電なら農業委員会への申請が不要!?申請の要・不要について、解説します!

新着情報ソーラーシェアリング

2021/06/16

ビニールハウス型太陽光発電なら農業委員会への申請が不要!?申請の要・不要について、解説します!

こんにちは。

山口です。

 

いっぱい頑張って書いたのに、一回消えました。

悲しいです。。。

 

みなさま、農地への太陽光発電施設の建設って、基本的に農地の一時転用が必要ですよね?

その申請がややこしく、営農計画であったり農業者の安定的な確保であったり、まぁ面倒なわけです。

弊社でも申請資料の作成代行は行っておりますが、少なからず費用はいただいております。

発電事業者様のほうで行う場合でも、隣地の方の同意をいただいたり、作物に対しての知見書を用意したりと、

時間・労務・お金が余計にかかってしまいます。

ところが、ブログタイトルにも載せさせていただいたように、農業委員会への申請が不要な場合があります。

ずばり判断基準としては「ビニールハウスの構造が太陽光パネルのために補強されているかどうか」です。

ビニールハウスの設計にパネルが載ることによって、新たな柱や基礎が必要になれば、

それは農業以外の目的のための基礎や柱ということになるので、一時転用が必要となります。

しかし、ビニールハウスの屋根として太陽光パネルを使い、設計も変更がないのであれば、

農業委員会への申請は必要なくなります。

新規でビニールハウスを設置する場合、どういった基準で申請の要・不要が判断されるのか微妙なところですが、

今回の情報について詳しい設置事例や具体案件が出てきましたら、再度ブログにてアップさせていただきますので、

引き続き弊社のブログをチェックしていただければ幸いです!

また、この情報に限らず、お客様が検討している太陽光発電について、最適なご提案を行うべく、

日々情報収集に取り組んでおります。

ぜひ一度、弊社までお問い合わせください!

CONTACT US

お問い合わせ

ソーラーシェアリング、太陽光発電、
その他何でも、まずはご相談ください。

06-6195-8226

営業時間 平日 9:00〜18:00

お問い合わせはこちらから

06-6195-8226

(営業時間 平日 9:00〜18:00)