SOLAR FOR FACTORIES AND WAREHOUSES自家消費型太陽光発電

fwsolar_sec01_img01

太陽光発電の導入をトータルに対応

事業モデルのご提案から、発電設備のシステム設計、設置・施工まで、
トータルにご対応!
農地だけでなく、工場や倉庫などへのソーラーパネル設置も行っています。
お客さまのご要望に合わせ、最適な太陽光発電システムをご提案します。

何故自家消費が必要なのか 大きな三つのメリット

fwsolar_sec02_img01

豊富な実績による高い品質

福岡から千葉までご相談をいただいており、多くの実績を積み重ねております。 自家消費タイプではデマンドなどの洗い出しまで徹底して行っております。また、蓄電池の設置なども積極的に行っており、中国のEV会社BYD製の蓄電池をメインに販売しております。品質と価格のコストパフォーマンスが高いものをご提案させていただきます。

fwsolar_sec02_img02

圧倒的なコストパフォーマンスを実現

中国メーカーとの密な連携により、低価格で質の高い太陽光発電設備の提案を可能としています。また、全国各地の企業と協力関係を結んでおり、お客様の現場に近い企業と連携することで、施工にかかる交通費・宿泊費など無駄なコストをカットし、さらなる低価格化の実現に繋げています。
また、システム設計もメーカー+自社のダブルで行うことでデマンドにズレがないかも徹底確認しております。

fwsolar_sec02_img03

建築の深い知識にもとづく提案力

弊社は建築についての豊富な専門知識を持った人材を有しており、建物の環境に最適な太陽光発電設備の提案が可能となっています。また、屋根にかかる荷重計算や、適切な金具の設計などを現場ごとに行っており、太陽光パネルだけでなく蓄電池なども一緒に設置することも可能です。

自家消費型太陽光発電の 8つのメリット

  • 高い利回りでの
    投資効果

  • 売電収入として
    ビジネスができる

  • CSRの向上

  • 電気代削減

  • 節税効果

  • 災害時・停電時の
    電力供給

  • 屋上空間の
    有効活用

  • 遮熱効果

fwsolar_sec03_img01

高い利回りでの投資効果

発電した全量を買い取ってもらう「全量売電」、家で使用した余りを売る「自家消費」。太陽光発電は主にこの2つのどちらかで売電を行います。全量売電に比べ自家消費の方が買取価格は高くなりますが、全量売電は買取価格の固定期間が20年あり、その間当初の買い取り価格を維持できるメリットがあります。

fwsolar_sec03_img02

売電収入としてビジネスができる

全量売電は、出力量は10kW以上という大規模な発電となることが特徴です。多くの電気を生み出せるため「ビジネス」として確立でき、クリーンなエネルギーで安定した収益を得ることが可能になります。

fwsolar_sec03_img03

CSRの向上

CSR(Corporate Social Responsibility)とは、企業が担う社会的責任を指す言葉であり、企業の社会的・道義的責任として、地球環境や社会の課題解決に向けて取り組むことが求められています。クリーンなエネルギーを生み出す太陽光発電を通じ、社会へ貢献することもできます。

fwsolar_sec03_img03

電気代削減

電力を自家消費する場合は、余剰分を販売するため電気代の削減につながります。太陽光発電で得られた電力を使用することで、電力会社から買う電力も減るため、コストを大幅に削減することができます。

fwsolar_sec03_img03

節税効果

「中小企業経営強化法」などで、太陽光発電を行うことによる節税措置がとられています。

fwsolar_sec03_img03

災害時・停電時の電力供給

太陽光発電で得た電力は、備蓄することも可能です。電力会社とは独立した発電システムを持つ太陽光発電であれば、災害時にも電気を使用することができ、会社や地域に貢献することができます。

fwsolar_sec03_img03

屋上空間の有効活用

工場や倉庫の屋上は、「屋根」という機能以外を持たせづらい空間です。こうした空間を、太陽光発電の場として有効活用することで、収益を生み出すだけでなく企業のイメージアップにまでつながる価値を持たせることができます。

fwsolar_sec03_img03

遮熱効果

ソーラーパネルを設置した建物は、実質的に二重の屋根を持つことになります。二重構造による遮熱効果で、夏は涼しく、冬は暖かい快適な空間を作り出すことに寄与します。

EXPANSION導入事例

FAQよくあるご質問

太陽光発電設置に際して、概算見積りには何が必要でしょうか?
お客様要望書、屋根図面、屋根写真などが必要となります。
屋根が○㎡あるのですが、何kWくらい載せることができますか?
100kW載せるのに、おおよそ870㎡程度の面積が必要となります。
建物は築年数が古いのですが、設置できるのでしょうか?
現地調査と構造計算の結果によりますが、基本的には設置できるかと思います。屋根の状況により変わってきますので、まずはお問い合わせ頂き、現地調査させて頂ければと思います。
海の近くですが、設置できますか?
はい、塩害地域仕様のものを使用しますので問題ございません。
塩害地域の定義は、海岸からの距離が300m以内です。(但し北海道・東北日本海側は500m以内)
住宅用に使用できますか?
いいえ、住宅用には対応しておりません。産業用のみのお取り扱いとさせて頂いております。

共有:

いいね:

CONTACT US

お問い合わせ

ソーラーシェアリング、太陽光発電、
その他何でも、まずはご相談ください。

06-6195-8226

営業時間 平日 9:00〜18:00

お問い合わせはこちらから

06-6195-8226

(営業時間 平日 9:00〜18:00)